上から目線の便秘
*
ホーム > 現金化 > 相手を考えて依頼することの重要性

相手を考えて依頼することの重要性

商売ということを考えると、行きつくところはお金も受けです。 

そこに悪意を持って臨めば、やはり危険なものとなるでしょう。

クレジットカードの現金化のページにも、こうした意識で制作されているページも多数あるのです。

困ったもので、かなりの数のサイトが存在してしまっています。

悪意といってもピンキリで、クレジットカード番号の悪用といった危険なものから、迷惑メールが来るようになる程度のものまでさまざまです。

ただし、どれもが迷惑であり不利益であるということでは、共通しているでしょう。

 

クレジットカードの現金化を利用するために、引っかからないようにすることが大切なのですから、こうした相手を判別しなければいけません。

少しでも素早く終わらせたいと考えている状況だからこそ、悪意で付け込んでくる相手が出てくるのです。

 

基本的なことですが、クレジットカード会社は、商品転売を目的とした購入を禁じていることがほとんどです。

まず、こうした相手を外しましょう。

 

キャッシュバック付き商品の購入が中心ですが、この方法は、景品に近く景品表示法にも抵触しないのです。

ここからも相手探しから考えるべきでしょう。

 

必ず企業情報から情報の確認することも忘れてはいけません。

口コミ情報といったものは、恣意的に作成できるのですから、信用できるものではないのです。

会社概要に関しては、法的な問題もあるため、この情報から電話をかけてみたりして確認をしていくことが重要だといえるでしょう。

参考サイト:http://www.osusume-genkinka.net/


タグ :

関連記事

LOEWEを持っているんだけどもう着ないんですよね
そんなに嵩張るわけでないなら、LOEWE買取店に自分で持ち込むのが一番だと思いま...
相手を考えて依頼することの重要性
Normal 0 0 2 false false fals...